プログラム開発の情報や、雑記を投稿しているサイトです。

資格の勉強を続けるコツ

コロナ渦の影響もあり、企業に貢献できる人材がはっきりとわかるようになってきたという印象です。

そのため、業績を上げつつ、スキルの棚卸して、常に戦力になれるためのスキルアップの重要性が高まっています。

 

景気が悪くなると、資格の重要性が見直されますが、

今回の事に限ったことではなく、以前から同じようなことが繰り返されています。

アメリカ同時多発テロ事件、リーマンショックなどによる不景気を目の当たりにして感じていたことは、

資格を持っていると、絶対に何かしらの役に立つということを実感してきました。

 

資格は必要か、不要かという議論はされ尽くされているにもかかわらず、明確な答えがないというのが現状です。

無いよりは、持っていた方が良いという意見が多いという印象ですが、

資格を持っていたことで、救われたという方々も本当に多いというのが事実です。

資格が必要かという記事については、こちらも人気記事ですので、ご参照いただければと思います。

 

資格を持っていることで、チャンスが多くなるというのは事実ですし、

このコロナ渦の影響で、日本のスキルの底上げにもなったという印象もあり、

今後、世界中の方々と競争していく中で、日本の技術水準が上がったことは、ある部分は良かったのかとも感じています。

 

さて、本記事では、資格の勉強を長く続けるコツのようなものを共有したいと思っています。

私の場合は、とにかく、あれもこれもと手を出さないことと決めています。

もちろん、個人差や、受験する資格の種類などにもよるので、一概には言えませんし、

質より量という戦略であれば、平行して資格勉強することも必要だと思います。

しかしながら、学習時間が500時間を超えるような難関資格などは、

試験勉強を掛け持ちしながら進めるよりも、一つに集中することが効果的だと思います。

 

焦りから、色々な資格に手を出したくなる気持ちはよくわかりますが、

本命の試験に集中することが何よりも大切だと思っています。

 

試験当日までのスケジュールを具体的に決める

目指す資格が決まったのであれば、

勉強を始める前に、合格をイメージし、試験当日から逆算して、具体的なスケジュールに落とし込むのを最初にすると効率が良いです。

 

闇雲に、試験勉強を始めるよりは、

合格までのスケジュールをざっくりで構わないので、明確にして、学習計画を立てます。

 

学習計画は、1日単位が望ましいとは思いますが、

社会人の場合には、働きながらの学習となり、突発的な残業やイベントがあり、

1日単位の計画よりは、1週間単位のスケジュールがおススメです。

 

これは、1日単位のスケジュールだと、

学習進捗が遅れだすと、ノルマが積み上がり、どんどんと宿題がたまってしまい、

落ち込む原因となるからです。

 

落ち込むだけなら良いのですが、

最悪の場合、勉強が嫌になってしまうという可能性もあります。

そのため、遅れを週末でも取り戻せるというバッファを設けて、

1週間単位の学習計画を立てるというのがおススメなのです。

学習を毎日するのが望ましいとは思いますが、

毎日できる自信がなければ、1週間の中で、最低何時間は絶対にすると決めて、

勉強時間よりも、勉強の質を高める工夫が必要でしょう。

 

1日に1問でも良いので問題を解く

上記のように、1週間単位の学習計画を立てたら、なるべく毎日勉強するように習慣付けることが大切です。

仕事で遅くなっても、疲れていても、とにかく1問でも良いから解いてみる。

そうすることで、たとえ1問だけの学習であっても、自己嫌悪になることが少なくなると思いますし、

1問解いた後に、さらに、もう1問だけ解いてみようと思えてくる事があります。

それを続けていくと、どんどんと学習に集中が出来てきます。

 

また、毎日学習することが習慣付いてくると、勉強しないと一日が終わらない。

そういう状況になれば、合格までの道のりは、それほど遠くないはずです。

とにかく、毎日1問でも学習することで、自分に自信が付き、習慣化しやすくなると思います。

 

頑張りすぎない

絶対に合格すると決めた資格の勉強を始めたときは、どんどんと勉強したくなると思います。

そういう気持ちのまま、試験当日を迎えられれば最高です。

 

でも、いつの間にか、気持ちが冷めてしまったとか、

ある程度勉強してことで安心してしまうとか、

理由は色々ありますが、

一気にやる気が出なくなることもあるかと思います。

 

まじめな性格であればあるほど、

自己嫌悪になってしまうと思います。

 

資格の種類や、学習を始めた時期も考慮する必要はありますが、

頑張りすぎず、今日の勉強はもう少し頑張ろうかなという時でも、

ある程度で区切りをつけて、翌日にまわすことも大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ありふれた内容だった部分もあると思いますが、

勉強を長く続けるコツというのは、本来は単純だと思っています。

 

せっかく、資格の勉強を始めたならば、それに費やした時間は無駄したくないですよね。

もちろん、合格だけがすべてではなく、勉強することにも意味はあります。

 

でも、膨大な時間を投資する以上、覚悟を決めて臨むことが必要でしょう。

 

とにかく、決めたことは絶対にやり続けるために、無理はしないけど、頑張るというのが、

資格の勉強を続けるコツだと思っています。

資格の勉強が長続きせずに困っている方々の参考になれば幸いです。