情報処理技術者試験の過去問解説などをまとめています。

応用情報技術者試験 | 令和2年秋期 午前問10

問題

解説

ハミング符号は、情報ビットに検査ビットを付加することで2ビットまでの誤りを検出し、1ビットの誤りを自動訂正できる方式です。

ECCメモリ(ErrorCheck and Correct memory)やRAID2の誤り訂正符号として使用されています。

学習サイト

https://fun-learning.jp/app/menus/jouhou_ap